D'sRacing Aragosta製 車高調整キット

アラゴスタと共同開発でD'sRacingのサーキット走行でのノウハウを活かし、完全オリジナルの車高調整キットに仕上がる。
TYPE-Eは正立式純正アッパーマウントを使用。TYPE S(Racing)は倒立、ダンパーは全調式D'sRacingオリジナルのピロアッパー(一部除く)↓
特殊な形状により大きくキャンバーを変更する場合はインナーフェンダーから調整
トップは取り付けた状態で微調整ができるようになっております
減衰調整はTYPE-E、S(S-Racing)共に20段階(LUPOは12段階です)と、幅広く調整可能。
[Golf 5 R32の場合]
Front
Rear
スプリングはRANAの直巻き(一部除く)を使用(オプションでHYPACOに変更も可)!!
カタログ上記載していない車両でも、TYPE-S Racingの製作が可能です。その場合お車をお預かりしてデータ取りしてのワンオフになります(お値段は変わりません)。

もちろんD'sRacingのメンバーの車両にも搭載!
LUPO GTI用のスプリングレートはFront:6K+1KT/Rear:3Kですが、このLUPO GTIはFront:10K+1KT/Rear:5Kに仕様変更しております。

-Golf 5 R32用-
こちらもD'sRacingメンバーのGolf 5 R32です。
通常スプリングレートはFront:14k Rear:8kですが、サーキット走行中心に走行するとのことなので、さらに締め上げFront:14k Rear:10kというセッティングになりました。
そして気になるのはメンテナンス。
走行の仕方にもよりますが、どうしてもダンパーのオイル、オイルシールの劣化によりパフォーマンスを出し切れなくなってしまいます。
←旧型のAragostaですが、オーバーホールと同時に樽型スプリングから直巻きに変更することにより、さらにリニアなフィールとなります。
これが樽型です。どちらかというとジワーと効いてくる感じのスプリングですね。

これが今回変更した直巻きスプリングです↓
車高を若干低くするだけでなく、リニアに路面の情報を感じ取れます。

実はこちらの車両もD'sRacingのメンバーのGolf 4 R32です。

Front

左右あわせて-0.10
キャンバーが-3.30

Rear
左右あわせて±0.00
キャンバーが-2.30

これがまたかなり効くんです!無駄な付加が軽減される感覚です。4輪アライメントお勧めです♪


◇バネレート◇
Golf Y GTI・TSI
TYPE-E →F:8k R:3k
TYPE-S →F:12k R:6k
TYPE-S Racing →F:14k R:8k

Golf R
TYPE-S(Street) →F:10k R:4k380,000円(税別)
TYPE-S(Street & Circuit) →F:13k R:6k380,000円(税別)
TYPE-S Racing →F:18k R:10k410,000円(税別)

Golf X GTI
TYPE-E →F:8k R:4k
TYPE-S →F:12k R:6k

Golf X R32
TYPE-E →F:8k R:5k
TYPE-S →F:12k R:4k
TYPE-S Racing→F:14k R:8k

Golf W R32
TYPE-E →F:8k R:4.9k(樽型)260,000円(税別)
TYPE-S →F:11k R:10k(樽型)320,000円(税別)
TYPE-S Racing →F:11k R:10k340,000円(税別)

POLO GTI(9N)
TYPE-E →F:7k R:3k
TYPE-S Racing →F:10k R:6k

AUDI TT 2.0T(8J)
TYPE-E →F:7k R:4k
TYPE-S →F:10k R:10k

AUDI TT 1.8T Quattro(8N)
TYPE-S →F:9k R:6.1k(樽型)330,000円(税別)
TYPE-S Racing →F:8k R:8k340,000円(税別)

TYPE−E 250,000円(税別)

TYPE−S 360,000円(税別)
TYPE−S Racing 380,000円(税別)

TOP